<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

コッツウォルズ 「バイブリー」 その5

ホテルの周りを散策していると、あっという間に真っ暗になってしまいました。
もちろん、街灯などありません。
広大な敷地の向こうに、ライトアップされて浮かび上がる古いお城のようなホテルが
幻想的でした。
c0107588_1024515.jpg
バイブリー・コート・ホテルの客室は18室。
ホテルの中も人でごった返しているわけではなく、優雅な時間が過ごせる。

夕食までもう少し時間があるので、お互いの部屋でくつろぐことにしました。
すると、部屋の電話が鳴り…
どうせ、妹からだろうと思い、ムスメに電話を取らせました。
ところが、妹ではなく、ホテルの人からだったようで…
「Hello?」と変わってみると、「Can you speak English?」と。
「・・・a little」と答えると、ペラペラペラペラ~~~
「Is it impossible 何たらかんたら」「children」が何とか、と言っているけど、
何のことやらさっぱり理解できない。
「Sorry.I can't understand what you saying.I call back later.」 
(合ってる英語かどうかわかんないけど、これで精一杯…汗)
そういって電話を切って、一目散に妹の部屋に駆け込み、義弟に掛けなおしてもらうことに。

義弟が「Sorry.」と電話を切りました。

で、一体何の電話だったのかというと…

…苦情の電話でした。(-_-;)

妹たちの部屋で、双子のチビたちが走り回って遊んでいたので、
階下のお客さんがうるさかったようです。
で、ファミリールームの私たちの部屋に電話をしてきたということ。

はぁはぁ…
「お子さん達がもう少し静かにすることは無理ですか?」って言っていたのね、あの英語。
英語が理解できないんだからさ、回りくどく言うんじゃなくて直接的に「Be quiet!」って
言ってくれれば、すぐに解るのに、と妹と大笑いしました。

だけど、そりゃそうですよね。
優雅に過ごそうとしているところで、チビッコたちの声や走り回る足音がドシドシ
聞こえてきたら、堪ったもんじゃないです。

で、気を取り直して、お待ちかねのDinnerです。
ムスメを含んで大人5名はオススメの3コース(前菜・メイン・デザート)。
ユウタと双子たちは子どもメニューをチョイスしました。
c0107588_1101921.jpg
前菜とメイン、デザートはそれぞれリストから好きなものを選択できる。
内容がよく理解できないので、ギャルソンに聞きながら分かる範囲で無難に選んだ。
出来るだけみんな違うものを注文することに。
前菜は忘れたが、メインは、豚バラ料理やら、鱒のソテー(バイブリー名物)など。
どれも、なかなかのお味でした。
私は豚バラ料理を注文しましたが、さすがに量が多く、食べきれない…
このコース、一人£35。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-28 11:13 | フランス・イギリス旅行

春の行事

もうすぐ6月。
ムスメの中3姿もすっかり板につき、ユウタの学ランも見慣れてきました。

子ども達が通う中学校は、春にたくさんの行事があります。
GW明けには体育発表会がありました。
c0107588_17303047.jpg
体育発表会が終われば、今度は家庭訪問(^^ゞ

担任:「ユウタくんは、すっかり中学校に慣れてますね(^o^)丿ニコリ

   私:「そうでしょうね…(-_-;) 緊張感もなく、よく忘れ物もしてるようですし…」

担任:「ハハハ…(*_*; そ、そうですか… 目に付くようになれば、家庭に連絡入れます」

   私:「よろしくお願いしますm(__)m」

担任:「お母さん、そのほかで、今特別何か気になることはありますか?」

   私:「いえ、今のところは…」

担任:「では、ユウタくんっ!!授業中、お喋りしたいのは分かりますが、
    お喋りはせずにしっかり授業に集中しましょうね♪
    わかりましたか??」

 ユウタ:「ふぁいっ!」

   私:「・・・(-_-;)」  
        オイ…ユウタ!!中学生だろ~~~小1の家庭訪問じゃないんだよっ
        ユウタぁ~~ 母は疲れるぜ~~~。

実は、家庭訪問の数日前に、夫と二人でユウタに大爆発しました。
理由は…先の『忘れ物』でのことです。

部活(野球部)の着替え時、学生服のベルトを外して忘れて帰って来ました。
翌日、先生や友達に大捜索してもらった結果、校門に掛けてあったと…
そして、その日…「ベルトがあったよ~」と帰ってきたのはいいけど、
今日は体操服のズボンを忘れていたのに気づく…
「こらぁ~~取りに行って来い~~<(`^´)>」と、再び学校に向かわせる。

  ユウタ:「ただいま…
       顧問の先生が職員室に持って帰ってくれてた。。。先生に怒られた…」

   私:「そりゃそうじゃろー。お前さ~~、毎日毎日いい加減にしてくれん??」

  ユウタ:「ふぁい…」

   私:「なぁ、明日(土曜日)、一日中部活じゃろ?弁当いるんよな?弁当箱出しよ。」

  ユウタ:「・・・・・・・・弁当箱、学校に忘れた。

   私:「アホか~~~~~っ」

てなことで、大説教です。
一人でチェックできないなら、チェックリストを作って習慣化すること。
ユウタが作ったチェック表は↓↓
c0107588_18113252.jpg
リビングテーブル、ユウタの椅子に掛けていつでもチェックできるように。

このチェック表は、小学校の時に使っていた理科のノートのリサイクルらしい。
c0107588_1851622.jpg
「チェック表」が「エェック表」(@_@;)
それに、この赤い絵は一体なんだろうか???
これが中学生かと思うと…先がすごく心配。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-27 18:13 | ゆうた日記

コッツウォルズ 「バイブリー」 その4

このホテルのもうひとつのお楽しみがDinner(^o^)丿
ここのシェフ、賞を取ったりしている方だそうで…
妹が予めDinnerの予約も入れてくれました。

部屋に荷物を置いて、とりあえず落ち着いたけど
Dinnerの時間にはまだ早く…
じゃあ、ホテルの周りを散策しようということに。

冬の英国です。
4時過ぎごろには、あたりは薄暗くなりつつありました。
c0107588_9405732.jpg
ホテルの目の前はキレイに手入れされた広大な芝生の庭が広がる。
子ども達は走り放題(笑)
ときに、ワンちゃんの落し物が。。。(こんなにキレイなのにちょっと悲しい)
広い芝生の庭の横には、なんと川まで流れている…ホテルの敷地内に川…スゴっ(@_@;)

ホテルの広い庭の端っこに小さな柵があり、そこを抜けると道が。
この道はたぶん、近隣の生活道路なんでしょう。
その道のすぐ奥には、風景に溶け込む石造りの民家が。
c0107588_9481636.jpg
この辺りに普通に暮らす人の家って、今でもやっぱりコッツウォルズ・ストーンの家なんだなぁ。
西洋の昔話さながらの建物にうっとり。

小さな柵の辺りでみんなで写真を撮っていたら、
ラブラドールのお散歩で、ご近所の(?)オジサンがやってきました。
そのラブちゃん、柵をくぐるといきなり川へダイビング。。。\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ヒィィ~~
  この真冬にマジですかぁ?

『犬の中でも水遊びが好きな犬種=ラブラドール・レトリバー』 とありますが、
今はですよ、!!!
びっくりして凝視していたら、そのラブちゃん・・・
次は川から上がって芝生の庭をダッシュダッシュ!
それをユウタが追いかけること、追いかけること。
ラブちゃんは、ユウタなんて相手にせず、喜びの舞を舞いながら走り回っていました。
c0107588_1051680.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-27 10:19 | フランス・イギリス旅行

コッツウォルズ 「バイブリー」 その3

昨日の続きです。
「Room30」の部屋は、これ↓↓
c0107588_10332527.jpg
もうむちゃくちゃ可愛いカントリー調インテリアです。
乙女チックな花柄カーテン…いいじゃないですかっ♪♪
それとオークのアンティーク家具。
各ベッドには、リネン類が美しく畳まれて置かれています。
そして~~
一番奥のデスクやドロワー上には、コーヒー、紅茶のセット、
ミネラルウォーター(ガス入り&ガスなし)のペットボトルが数本、
それに可愛い小ぶりのリンゴが。
さらには、
「フレッシュミルクが必要ならフロントまで」と札があります。
嬉しいサービスに喜びっぱなしの私。
c0107588_1144510.jpg
部屋奥のドロワー横にはドアがあり、そこを開けるとバスルーム。
このバスルーム、またまた驚き!!
とにかく広いんです。6畳くらいあるんじゃないかしら…
そこに、大きなバスタブがあり、別にガラスで覆われたシャワー室。
その横にトイレと洗面所。
しかもしかも、一番の驚きが、床…
バスルームなのに
絨毯貼りなんです~\(◎o◎)/!
ホント、このバスルームで暮らせそうです(笑)
c0107588_1049518.jpg
バスルームの窓。
このアメニティグッズのさりげないディスプレイに惚れ惚れ!
黒格子の窓を通して見える外の風景がいいんだ~~♪

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-26 11:06 | フランス・イギリス旅行

コッツウォルズ 「バイブリー」 その2

c0107588_10425014.jpg
ホテルに到着して興奮したのは私だけじゃなかったみたいです(笑)
車から荷物を降ろす大人を横目に、子ども達は広大な庭を目の前にして本能むき出し。
走る走る…(-_-;)

建物の真ん中のドアから入ったところがフロントデスク。
そこは狭くとても地味で目だ立たない。
普通のホテルは、ひと目でフロントだとわかるけど、このホテルは違いました。
かっ幅のいいオバサンが、たった一人入り込んで事務仕事ができるだけの場所。

義弟がチェックインをした後、そのデカイオバサンが部屋まで案内してくれました。
案内をしてくれたのはいいんですが、愛想のないオバサン…苦笑。

ホテル用に作った建物ではないですから、部屋までは、なんとレストランの中を突っ切り、
数段上がって曲がって、また数段上がって・・・というような不規則な階段が。その脇には
部屋に入るドアがいくつも。
c0107588_113322.jpg
一体私たちの部屋はどこなんじゃいっ(@_@;)
さらに上階は狭くなる廊下…
そんなところをスーツケースを持ち上げながら進む私たち。(…厳密にいえば夫と義弟)
オバサンは、超マイペースでガンガン進みます。。。
「待ってくれ~~~」
迷路のような通路を一生懸命着いていくが、置いていかれる私たち(汗)
サービス精神ないよな…迷ったらどうすんだよっ(ToT)
と密かに思ったものです。
けど、迷路のように感じた通路も結局は一本道で、迷うことなんてないことに後で気がついたんですけど(-_-;)c0107588_1135289.jpg


やっと着きました。
私たち家族の部屋はROOM30。
3階の部屋です。
妹達の部屋は、その部屋から更に奥。




c0107588_11144191.jpg
赤まるのところが私たち家族の部屋

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-25 11:16 | フランス・イギリス旅行

ワークスモック

好みのパターンを見つけたので、お気に入りの綿ボイルを使ってみました。
大好きな生地は、縫っている時にも幸せな気分になります。
胸や背中のヨーク部分のギャザーの作業が楽しい♪♪
パターン通りだと、着丈が短いようなので、数センチ伸ばしました。

結構あっさり出来上がって、早速試着~~っ(^o^)丿ワーイ
c0107588_23246.jpg

が・・・
似合わない。。(ToT)
見た目は、完璧私好みなのに…
"可愛い"雰囲気が漂うヒトでないと、似合いそうにない(涙)

そこで思いついたっ!(^^)!
"可愛い雰囲気が漂うヒト"に貰ってもらおう、と。
白羽の矢は、一直線にご近所同い年のチマキつぁんへ。

喜んで着てくれる!と言ってくれたので、ほっと一安心。
…それどころか、逆にプレゼントをくれてすごく恐縮m(__)m
お兄ちゃん(チマキつぁんのダーリン)手作りのパンなんて、もらっちゃったりして
もうビックリするやら、嬉しいやら(*^_^*)
ありがと~~チマキつぁん!お兄ちゃん!

夕方、チマキつぁんが、着用写目メを送ってくれました。
めちゃくちゃ可愛いかった~!!
やっぱりチマキつぁんの柔らかい雰囲気にぴったり♪♪
明日は、この服でお出掛けしてくれるとか。
嬉しいね。

ところで、チマキつぁんご夫婦は美容師さんです。
つい先日、髪を切りに行ったときに、
朝、マロン(犬)を散歩している私を見て、「モリガール」と夫婦で話しているんだ、と
聞きました。
へ? モリガール?
筋肉もりもり=モリガール?
たしかに、ソフトボール始めて筋肉もりもりだもんなぁ~~
と、思いきや、「森にいそうな女の子」のことなんだそうです。
よく聞くと、「ゆるい感じのナチュラル系」のことらしい。
うわぁ~~
私ってそんなイメージ?\(◎o◎)/!
家じゃ、ユウタやムスメを怒鳴り散らす毒吐き鬼ババァなんですけどぉ~~(笑)

でも、嬉しかったので正真正銘の(?)「ゆるふわ森ガール」目指して、精進します(爆)

パターン:「ワークスモック」パターン屋さん
生地:「綿ボイル」cosmo

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-24 23:10 | ladies

コッツウォルズ 「バイブリー」 その1

ボートン・オン・ザ・ウォーターを後にして、いよいよ今夜泊まるホテルへ。
実は、今回のヨーロッパ旅行で一番贅沢をしたのが、
このコッツウォルズ旅行のホテルです。

「せっかくなので、一泊ぐらい贅沢に
     イギリスらしいホテルに泊まりたい」


というのが、私の希望。
妹が2、3、候補を上げてくれて、私が選んだのがこのホテル。
バイブリーにある、"Bibury Court Hotel"です。
c0107588_14474663.jpg
車でホテルの門をくぐる…
なんだこれ~~すごいっ

一般的な「高級ホテル」=現代的で洗練されているイメージしか頭に
浮かばない私にとって、この何とも古めかしいホテルの門は衝撃的でした。
で・・・ホテルに到着!!!
ひやぁ~~~\(◎o◎)/!コリャビックリ!
妹から送られてきたホテルのHPで見てはいたけど、
実際の建物を目の前にすると驚きしかありませんでした。
c0107588_14531427.jpg
イギリスらしいホテル=カントリーハウスホテル。
カントリーハウスとは、中世の貴族など荘園領主が建てた邸宅のこと。
このバイブリーコートホテルは、1633年にトーマス・サックヴィル氏によって建てられた。

とにかく、この外観に圧倒され、更には、屋敷前の広大な庭にノックアウト!

ちなみにホテルの部屋は、私たちは4人部屋=ファミリールーム。
1泊朝食付税込で270ポンド(£1=¥150として、40500円)
たった1泊で、ロンドンで泊まったホテル3泊分に近い値段。。。


常々、「も~、ええんちゃうん?」と言われるくらい細かいところまで
書いている私のこの旅ブログですが…
え~っと、このホテルに関しましては、(とても高くついたので)更にしつこく
何日もかけて書きたいと思っていますのでご了承くださいましm(__)m
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-23 16:23 | フランス・イギリス旅行

コッツウォルズ 「ボートン・オン・ザ・ウォーター」 その3

c0107588_14473953.jpg
モデル・ビレッジ…妹たちと別れて、4人で訪れました。
シーズンオフのこの時期、お客さんもまばらで、閑散としています。(苦笑)
c0107588_15241197.jpg
モデル・ビレッジとは、ボートン・オン・ザ・ウォーターの街の1/9サイズで再現したミニチュアの世界。
このモデル・ビレッジは「The Old New Inn」所有のものだそうです。
「The Old New Inn」 の以前のオーナーと、地元の職人チームによって
1930年代前半に作られ、1937年に一般に向けてオープンしたものらしいです。
精巧に作られている建物は、街の建物と同様コッツウォルズストーンが使用されています。
c0107588_1536217.jpg
ユウタがポーズをとっている建物は教会。中からは賛美歌が聞こえ、ステンドグラスまでも…細かいっ。
街並みだけ撮れば、とてもミニチュアには思えない…!!
モデル・ビレッジの中に、ちゃんとモデル・ビレッジもある(@_@;)

ボートンの街を散策する前に訪れておけば、街歩きがとても楽しいでしょうね。
ボートンに次に来ることがあれば、今度はここからスタートしたい(^o^)丿
c0107588_15443357.jpg
「The Old New Inn」とは、ココ!モデル・ビレッジのすぐ近く。
”ホテル・レストラン・バー”と書いてある。1714年から開業している歴史あるInn。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-22 15:53 | フランス・イギリス旅行

Tシャツ

買い貯めたニットがたくさんあるので、半袖Tシャツを縫ってみました。
c0107588_17432244.jpg
c0107588_17443843.jpg

check&stripeのパターン45のLサイズで。
すそを直線ミシンで処理すると、どうしても伸びがちになるのが気に入らず、
切り替えをつけました。
こうすると、伸び伸びの裾だけじゃなく、下っ腹をカバーできるので一石二鳥\(^o^)/

ところで、今日は子ども達の家庭訪問の日でした。
夕方、それぞれ、担任の先生がやって来られるとのことで、
朝からバタバタと部屋の掃除を。。。(^^ゞ
さあ、先生が来られる1時間前、というところで、
キッチンのカーテンが…
実は、キッチンのカーテン…寿命が尽きて破れてしまってたんです。
もうかれこれ1ヶ月ほど、ビリビリ裂けたまま、使ってました(-_-;)
さすがにこれはイケンじゃろぉ~~
まるでお化け屋敷のカーテンだよ(>_<)

じゃあ、カーテンを開けてれば・・・それもまた×××西日がすごいのです。
こりゃ困った!ということで、だーーーーーっとミシンを踏みました。
布カットは適当。(パッチワーク生地仕様)
端はロック仕上げ。
製作時間20分也。
c0107588_17564711.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-20 17:57 | ladies

コッツウォルズ 「ボートン・オン・ザ・ウォーター」 その2

"コッツウォルズのヴェニス"と呼ばれるボートン・オン・ザ・ウォーターです。
ウインドラッシュ川沿いの風景がとても美しく、まさに「水の都」でした。
c0107588_11582936.jpg
CMの一コマのようなシーンが簡単に撮れる川沿い♪

c0107588_1242840.jpg
水深が浅く澄んだ川には水鳥がいっぱい。動きが可愛く見てて飽きない。
右に川と水鳥、左には素敵な石造りの家を見ながら川沿いを歩く。
ツルが絡むお洒落な庭先…春は素晴らしいんだろうと想像できる。
双子の姪&甥は、とうとうベビーカーに納まる。そのまま、カフェに直行\(^o^)/

川沿いを歩いた突き当りのカフェで昼食を取ることにしました。
私たちグループは大人4人、子ども4人の大人数です。
小さなお店では、なかなか一緒の席には座れません。
飛び込んだこのカフェでも、家族単位で別々の席。
英語が堪能な義弟とは別の席か…(-_-;)
といっても、カフェですからメニューは私でも問題なく理解できる簡単な英語。
またもや「フィッシュ&チップス」を注文。←夫のリクエスト
それと、「ハンバーガー」と「コーラ」←子どものリクエスト
極めつけは、狂ったように「ポテト!!」←ユウタ、リクエスト(呆)
付け合せで絶対にお約束=たくさんのポテトが付いてくるのに、更にポテトを注文するか~(@_@;)
ま、しゃーないか、ユウタのご馳走は、
「ポテト&コーラ」だもんな。。。(-_-;)
ほんま、ユウタは、英国で生きていけるわ…

ボートン・オン・ザ・ウォーターの散策は、この川沿いの遊歩道と、
川の東側を走るハイ・ストリート沿いだけでした。
街の裏通りを歩くと、もっと素敵な場所がたくさんありそうな予感…
次に来ることがあるのなら、絶対に花のキレイな季節にゆっくり訪れたい!!
c0107588_12234471.jpg
モーター博物館
ガイドブックによると、1940年代以降のクラシックカーや自転車などが展示されているとか。
内容よりも、車のトピアリーに興味が…(笑)

昼食を終えると、
「私たち、行ったことがあるから、お姉ちゃん達だけで行って来れば?」
と、妹が提案。
じゃあ、そうしよう、ということになって、そこから妹家族とは別行動にしました。
行き先は、「モデル・ヴィレッジ」。(次回へ続く…)
その途中、ガイドブックに「高級ホテル」と載っていたホテル↓↓発見。
c0107588_12424414.jpg
(上)「ダイアル・ハウス」
1698年に建てられた、この街に現存する最も古い建物のひとつ。
(下)「オールド・マンズ」
1748年に建てられた建物。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by KS-WISHES | 2009-05-17 12:45 | フランス・イギリス旅行