カテゴリ:フランス・イギリス旅行( 86 )

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン

マイルの話 その2

またマイルの話に戻ります。

今回の旅行のマイルはKLMのマイレージプログラム(スカイブルー)に付けたけど、NWAのマイレージプログラム(ワールドパークス)でマイルを貯める決意をしたということを昨日書きました。

といっても、今から飛行機を利用する予定なんてないんです。
でも、フライトでマイルを稼ぐのではなく、他に稼ぐ方法があるんですよね。
私は、もっぱらそれを利用してマイルを貯めようと企んでいるのです。

飛ばずに(空でなく)マイルを貯める人のことを「陸マイラー」(おかマイラー)と呼ぶのだとか。

その方法とは、【クレジットカードの利用】です。
多くのクレジットカードで航空会社と提携しているものがあるのです。
航空会社ではなく、ごく通常のクレジットカードの場合、ポイントを貯めて、貯まったポイントに応じて商品を選ぶことになるのですが、航空会社と提携しているカードの場合は、ポイントではなくダイレクトにマイルが貯まる仕組みになっています。
通常のクレジットカードのポイント商品の中にもマイルに交換という商品がありますが、それは率が悪いのでマイルを貯めることを目的では×なのです。

航空会社のクレジットカードでは100円で1マイルとか200円で1マイルなどと効率よくマイルが貯められるのです。

今までは普段の生活のほとんどが現金払いか銀行引き落としでした。
ですが、カードを使えるところを全てカードで支払うことにすると、今まで何にもオマケが付かなかったのにクレジットカードを噛ますだけでマイルが貯まっていくのです。

そこで・・・
目をつけたカードがNWAのマイルが貯まる「ノースウエストシティカード」。
クラシックカードとゴールドカードは100円で1ポイントが貯まります。
このカードの決め手はVISAカードだということ。
入会特典がとても素晴らしいこと。
 → 当時の入会特典として契約者にゴールドなら1000マイル、
   クラシックなら7000マイルプレゼント。
   さらに、期間内に一定額カード利用すると、初年度の会費がサービス。
私はゴールドカードを手に入れて、ちゃんと特典をいただきました。

カードを手に入れてからというもの、買い物はもちろんですが、ガス・電気・電話代・新聞などの公共料金や保険料・・・クレジットカードで支払えるものは全てクレジットカードを利用しています。
最近では近所のスーパーやコンビニ、ホームセンターに至るまで・・・数百円でも使うよう心がけています。

シティゴールドカードを手に入れてからというもの、ネットショッピングも増えました。
より安い商品を探し出して買うことができるし、カードでも簡単に決済できる。
プラス、楽天などを利用すれば楽天ポイントも稼ぐことができる。

他にマイルをコツコツ貯める方法はあるのですが、それはまた次回。
とにかく一番の基本はクレジットカード利用ですね。

1月にシティゴールドカードを手に入れて、まだ1年経ちませんが既に48000マイルほど貯まりました。
それは、日本←→韓国・台湾・中国・バリ等ならもうエコノミー往復二人分の航空券が貰えます。
他にも、ハワイならエコノミー往復一人分に相当します。

ちなみにヨーロッパには、エコノミー往復一人分で80000マイル必要ですから、まだまだって訳ですね。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-12-01 12:38 | フランス・イギリス旅行

旅行話ついでにマイレージの話 その1

このヨーロッパ旅行をして、【マイル(マイレージ)】がやけに気になりました。

で、マイル(マイレージ)とは・・・ご存知だと思いますが一応説明。
早い話が、マイルとはポイントのことです。
ちまたのスーパーでもホームセンターでも会員登録をして番号(カード)を提示すればそれに付点されお買い物券や金券がもらえる。
それと同じことなんです。

航空会社の会員に登録して、利用すればポイントが貯まるんです。
そのプログラムのことをマイレージプログラムと呼び、
貯まるポイントのことをマイルと呼びます。

で、マイルの場合その貯まったポイントに応じて無料航空券や座席のグレードアップと換えられるというもの。

今回の利用はフライト。
航空券を買うときにマイレージの番号を申し出ると、飛行距離やら座席クラスによって決まったマイルがもらえるのです。

この度、ヨーロッパ旅行ではKLM(オランダ航空)を利用したので、何も考えることなくKLMのマイレージプログラム(「スカイブルー」と言います)に登録して今、10636マイル貯まっています。

ですが、色々調べてみると、同じスカイチームのノースウエスト航空(NWA)のマイレージプログラムの方が貯めやすいというのを知り、KLMに加算したマイルはもったいないのですが、今後は期限のないNWAのマイルを貯めることにしました。

KLMとNWAは同じスカイチームなのでフライトのマイルはどちらのマイレージにも加算ができるので、KLMのお詫びクーポンの2000マイルはさっそくNWAの方に加算。

これをきっかけに本気でマイルを貯めて、目指すは、
夫婦で再びヨーロッパ旅行!
という目標を立てました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-11-30 16:28 | フランス・イギリス旅行

KLMのお詫びの品

c0107588_11192222.jpg
黒いポーチ:お泊りセット
青いチケット:クーポンセット

この度のKLM遅延アクシデントでKLMからはホテル代や飲食代が無償で与えられ、更に、一人ずつにこんなものまで頂きました。

[黒いポーチ]
ホテルの手配をしてくれたカウンターでいただいたお泊りセット。
c0107588_11253024.jpg

中には、ビッグサイズのTシャツ、靴下、ヘアブラシ、歯ブラシ、髭剃りセット、メイクアップリムーバー(クレンジングペーパー)、保湿クリーム、それにデオドラントスプレーに洗濯用洗剤が入っていました。

スーツケースは預けっぱなし、機内持ち込み用だけの荷物しか持っていないのでありがたかったです。

[青いチケット]
これこそお詫びの品でしょうね。
これ・・・嬉しかったです。
これは3つのサービスが受けられるクーポンになっていて
①5分間の電話無料券
②空港内で10ユーロ分の飲食か免税店でのディスカウント又は2000マイルへの交換
③期間内KLMの航空券50ユーロOFF券
が1セットでした。

でも・・・それら全て英語で書かれているので、読解に苦労(ToT)

①の電話無料券家族4人分は、アムステルダムのホテルから家と妹宅へかけるのに使用。
②4枚うち1枚は空港で飲食で使い、残りはマイルに交換するために持ち帰り。
③は、使えず今もまだ持っています(^_^;)
  2011年1月まで使用できるようなのですが使う予定なし。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-11-28 12:21 | フランス・イギリス旅行

帰国へ

え~~
長くダラダラと書いた旅行記も終盤です。


乗り継ぎだけのはずだったアムステルダム・スキポール空港でしたが
思いがけないアクシデントのお陰で、空港で少しゆっくりできました。
といっても、この空港、でっかい!!
搭乗ゲートまでいくのに、どのくらい時間がかかったことか。
歩いて歩いて・・・・・・・歩いて。
でも、分かりやすい標示のため、迷うことなく行き着くことができました。
c0107588_13595922.jpg
ロビーの動く歩道も長~~い!


フライトは予定通り。
無事に搭乗手続きが始まり、エコノミークラスの長蛇の列を尻目に、
ビジネスクラスの乗客たちは次々に優先列を進んでいきました。

昨日の遅延フライトで迷惑を被った私たち"なのに"・・・やっぱりエコノミー?!
運がいいとビジネスに振り返られることもあると聞いたので
近くにいたKLMのスタッフにチケットを見せてみました。
すると「エコノミーです」とはっきり言われちゃった(^_^;)
よく見ると・・・チケットにちゃんと「economy」と書いてありました(恥)

飛行機は好きだけど、11時間のフライトとなると・・・
かなりキツイです。


やっと日本に帰れる安堵感と旅行が終わる寂しさ。
明後日からまた普通の生活かぁ~~子ども達も学校かぁ~~
離陸・・・現実的に引き戻される瞬間でした。
c0107588_14154093.jpg
また来ることあるのかな?
また来たいな・・・


疲れているはずの帰りの飛行機。
ほとんど眠れませんでした。
離陸から約9時間半ほどして見た飛行機の中からの夜明けです。
c0107588_1419323.jpg
今年一年、どんな年になるんだろう~
元旦はとっくに過ぎているのにそう思ったのでした。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-11-27 14:23 | フランス・イギリス旅行

アムステルダムのホテルから空港へ

c0107588_14505167.jpg
(上)ホテルの窓からは飛び立つ飛行機がよく見える
(下)シャトルバスでホテルから空港へ向かう


アムステルダムのホテルに一泊し、翌日案内を受けた時間通りに空港へ向かいました。
空港へ向かうシャトルバスは、やはり昨日と同じ顔ぶればかり(笑)
c0107588_14562155.jpg
アムステルダム・スキポール空港に無事到着


空港に到着した後、少し時間があるのでhiromiさんと別れて空港内をうろつくことに。
c0107588_1513215.jpg
おぉ!KLMの本拠地。
空港内に飛行機の部品が展示されてました。
こうやって見ると、飛行機って本当に大きいなぁ。
c0107588_153479.jpg


そういえば、ここはオランダ・・・ユーロ圏内なんですよね。
パリでユーロ、その後イギリスでポンドを使い、もうユーロは使わないだろうと思っていたのに思いがけずユーロを使う機会が出来ました。
そう・・・ユーロ(現金)が残っていたのです。
この際だからと、残っていたユーロで(特にコインをかき集めて)お土産をチマチマ買いました。
(オランダ観光はしてないくせにオランダのお土産・・・^m^)

c0107588_1584437.jpg
さすがオランダ!!
空港にはこうやって花が沢山売られています。
すごくキレイ!!!!
花の種やチューリップの球根も売られていました。


さぁて、そろそろ搭乗手続きの時間。
トイレを済ませた夫が・・・ 

    「ここのトイレ、すごいで~\(◎o◎)/!・・・写真撮る?」

というので

         「うん、撮って♪」

    「・・・ほんまに撮る?」

と、言いだしっぺがちょっと消極的。
でも、「撮って!撮って!」と言われて再びトイレへ消えていきました。
その写真がこれ↓↓↓
c0107588_1514660.jpg
便器に「的」が描かれています・・・ハエちゃんです。
ここをめがけて打て。。。ですね(笑)
前にテレビで見たことがあります、こんな便器。
こうやって的を置くことで、便器外への飛び散りが減るのだそうです。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-11-25 15:19 | フランス・イギリス旅行

「アムステルダムで一泊」の巻

指定のホテルへ行くには空港からシャトルバスを利用するよう案内されました。
無事バス乗り場に着いてみると、バス待ちの人は私たちと同じ便の乗遅れ組ばかり。
日本に行く便なので、さすがに日本人も多い。

一体これからどんなホテルに連れて行かれるのやら?!

不安(?)と期待(!)に胸を膨らませ、旅のイレギュラーなオマケにワクワクしていました。

シャトルバスで約10分でホテル到着。

『Hotel Schiphol A4 』 というホテルだそうで、外観を見るだけでも大きなホテル。
中に入ってみると。。。結構豪華で驚き!!!!
c0107588_11435249.jpg

へぇ~~
KLMってこういうホテルと提携してるんだ。。。すごっ
ま、そりゃそうだよね。
不手際があった時にお客さんに提供するんだからな。
グレードが低いホテルだったら、クレーム上乗せだもんね(^_^;)



空港でホテルを手配してもらった時に渡された書類をフロントに提出してチェックイン。
すると、「KLM・Air France ご利用のお客様」用の案内プリントを渡されました。
そこには、出発までに必要な食事について(私たちは夕飯と朝食)。
明日の便に間に合うシャトルバスの出発時間の案内。
他、館内利用に関して等が書かれていました。

さすが!
・・・私たちのようなお客用に段取りよくフォーマットが出来ているんですね。

夕食は、ミニコースのようなもので、本日の魚料理or肉料理のチョイス。
朝食は、ビュッフェ式。
もちろん、宿泊代や食事代(飲み物は夕食時1杯は無料)は全て無料。


あ~~~
なんだか、素敵♪\(^o^)/


テンション↑↑↑急上昇↑↑↑

c0107588_11431525.jpg
左上:ホテルのレストラン
右上:宿泊した部屋 (私とムスメ 女二人のツインルーム) 1つのベッドがデッカイ♪
左下:部屋の外にはテラス
右下:部屋からの眺め・・・空港が近いから飛行機がよく見える


いやぁ~ン♪ こんなことなら、いつでも飛行機のトラブルに遭遇してもエエなぁ^m^
で。。。一体、このホテル、一泊いくらなん?
案内を見てみると、このツインの部屋が
一泊 225.00ユーロ


え??225.00ユーロですと????
1ユーロが(当時かなりの円高だったのでおよそ)115円として、25,875円!

円高のお陰でも、2万5千円ですか\(◎o◎)/!(今なら3万円・・・驚)

部屋だけで、こんなにすんの!?
これに食事も飲み物(ビール飲んだわ♪)も実費だったら、とんでもないことになってる~


お金の計算をして、満足度300%でアムステルダムに一泊しました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-11-09 11:57 | フランス・イギリス旅行

アムステルダムにて

いよいよアムステルダム・スキポール空港に着陸!という時、
機内に乗継案内のアナウンスが流れました。

オランダ語と英語で何度か繰り返し流れるアナウンスに「OSAKA」という言葉は
出てこない(@_@;)

「ま、まさか…だよね?!(-_-;)
 いやいや、きっと乗り継ぐ人が少ないから案内しないのかも。」

計算苦手だけど、一生懸命時間の計算をしてみました。

マンチェスターを13時に発って、1時間25分のフライト…
ということは、到着は14時25分。
アムステルダム発OSAKA行きの飛行機は、15時25分発。

あは~~っ♪
アムステルダムの空港でウロウロする時間は
ほとんどないけど、
飛行機には全然間に合うじゃ~ん \(^o^)/


ボーディングブリッジでhiromiさんを見つけ、とりあえず小走りで一緒に電光掲示板へ。
焦るhiromiさんを横目に、

「大丈夫でしょう!まだ1時間くらいありますよ♪」

でも、電光掲示板を目にした瞬間、凍りつきました。

ん? なんだって???
ない、ない・・・
ないぃ~~\(◎o◎)/!

どういうこと…?!?!
いくら算数苦手だといっても13時+1時間25分=14時25分は、間違いないと思うけど。
私の計算からいくと、OSAKA行きは1時間後に出る予定なんだけどさ~

「…1時間、時差あるからなぁ~」 と、ポツリとhiromiさん。

ひゃ~~っ。知りませんでした。
マンチェスターとアムステルダムで+1時間の時差があるなんて。

ということは
今は英国時間14時30分。アムステルダムでは、今は15時30分だ!
15時25分発だから、もう発った後ということなのだ・・・

みんなが焦っていた意味がやっと今、理解できました…(-_-;)


えっと・・・私たち…これから どうするべき?\(゜ロ\)(/ロ゜)/オロオロ


とりあえず、informationに行って聞いてみてくれと係員に促されました。
そこへ行くと、私たちと同じ乗遅れ組みが長蛇の列を作っているではありませんか!
どうしようもないので列に並び、順番が来るのを待ちました。
c0107588_9494585.jpg
随分並んで、ふと外を見ると…
もう薄暗くなりはじめてる。。。何だか虚しい。

一人一人にすごく時間が掛かっていたため順番が来るまで2時間程待ったでしょうか…
中には怒り出す人や係員に食い付く人も出てきたりで、結構修羅場的な雰囲気。
私・・・ 英語力がないので、怒ることも文句言うこともできません。(苦笑)
c0107588_1061589.jpg
トランジットロビーに置かれたデカイへんてこな人形。
待ちくたびれて、この人形のように私たちもぐったりだ~。
ユウタは、「お腹すいた~」と、information横にある「ヌードル・ショップ」が気になる。

c0107588_10103235.jpg
ショーケースを食い入るように見つめるユウタ。
急いで私の方に帰ってきて、
「母ちゃ~ん!!! ラーメンにヘンなものが乗ってるっ(@_@;)」
見に行ってみたら、真っ赤な「サーモン」が乗っていたりで、あり得ないラーメンだった。
完璧、日本もどきのラーメン屋だった。


KLM係員の応対を見ていても、どうやら別便に振り替えてくれる様子はなさそう。
ひょっとして、空港で野宿? なんて妄想すら頭をよぎる…(ToT)

反面、2時間の待ち時間でますますhiromiさんと打ち解け合い、
数時間前に出会った人とは思えないほど。とにかく、ユウタをツマミに笑いの嵐。
さすが、関西人じゃわ~(笑) 完璧なノリ(^^♪


いよいよ私たちの番。
hiromiさんが先に行って事情を説明してくれました。
お陰で全てを悟った別の女性係員が、私たち家族の対応をしてくれました。

係:「Passport,please.(全員の)パスポート出してください」

私:「Here you are. どうぞ」

係:「お~!同じ誕生日?!」 ※私とユウタは同じ誕生日なのです

私:「そうで~す」

係:「神様から、ママへ贈り物ね~」

私:(苦笑)

   …だって、陣痛促進剤で生まされたんだよ、ユウタ。
    担当医が出産日、これ以上遅れると自分の学会出張にかぶってしまうからって。
    だから、だから、だから
    神様じゃなく、担当医からの贈り物です

そんな無駄?話を交えながら、係員は振り替え便の手配して、明日の搭乗券をくれました。
そして、入国審査を済ませて所定の場所へ行ってもらうとホテルの手配をしますとのこと。
よかった。。。野宿じゃないのか(^_^;)お詫びの印に、ということで一人に1セット何やらクーポン券らしきものをくれました。
 ※そのクーポンについてはまた別の機会に。
c0107588_10151057.jpg
ロビーで大きいポテトを見つけ、すかさず抱きつくユウタ。
イモ息子め~~~


はぁ~~ アムステルダムで1泊か…
てか、帰国が1日遅れるということだよね。

実は帰国翌日は子ども達は学校の予定。
冬休み翌日出発、冬休み最終日帰国という強行軍で組んだこの旅行。
新学期早々、休ませなければならないのか(ーー;)
無遅刻&無欠席が取り得の我が子達・・・ 辛いな。。。

えぇい!! でも、旅は道連れ世は情け!
ここは、降って沸いた1泊を楽しもう(*^^)v
せっかく仲良くなったことだし、夜はhiromiさんと宴会だ~\(^o^)/068.gif
c0107588_10165655.jpg

言われた通りの窓口でホテルの手配をしてもらい、
そこでは一人に一つずつお泊りセットを手渡されました。

こうして、私たち家族とhiromiさんは、アムステルダムに1泊することになりました。
c0107588_10172096.jpg
空港ロビーを抜け、ホテル行きのシャトルバスが発着するバス停に行く。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-10-09 10:30 | フランス・イギリス旅行

マンチェスターからのフライト

c0107588_14321211.jpg
お天気はとても良い。
マンチェスター空港って結構でっかいんだね~~(*^_^*)

KLM1082便 マンチェスター →アムステルダム
飛行機の出発時間は、11:30!
10時過ぎには、搭乗ゲート付近に行ってみたのですが、乗るはずの便が
電光掲示板で、「wait」となっていました。

「ふぅ~ん、雪のためにちょっと遅れているのかな?!
 (妹が、飛行機、よく遅れるって言っていたし…)
 ま、時間はまだあるし、大丈夫だろう。」

ところが、出発時間の30分前になっても、「wait」のまま。。。
電光掲示板の他の便は、ドンドン更新されていくのです。

何度も電光掲示板を見に行っていると、
日本人の奥さん?を連れた外国人の男性が
「To Tokyo?」 と、話しかけてきました。

  「No,to Osaka.」

「飛行機、遅れてますよね」 (もちろん英語で)

  「・・・ですよね(-_-;)」

と、言葉を交わしたのですが、私はまだ事態が深刻だとは思っていませんでした。

c0107588_14182317.jpg
電光掲示板下の席を陣取って情報を待つ。


すると、一人の日本人女性が話しかけて来ました。
よく話を聞いてみると、京都にお住まいで、年末年始の休暇を利用してチェスターにいる
お姉さんの所に毎年遊びに来られているとか。
結局、マンチェスターから関空まで私たちと同じ便。
「飛行機、大丈夫かしら・・・乗り換えに間に合うかしら…」
とても心配されていたのですが、私たちは「ダイジョブ♪ダイジョブ♪」とすごく楽観的。

そう・・・その女性(以後、「hiromiさん」と書きます)は、私たちがすごく余裕で待って
いたので駐在員家族で、英語もペラペラで、場慣れしているように見えたとか・・・^m^
本当は、なーーーんにも現実が分かっていないド素人集団。 もちろん英語も×。
要するに、慌てようもなかったんです(撃沈)
モノが理解できない人って、時によって180度違って見えるのですね(爆笑)

そんなご縁でhiromiさんと、しばしお喋り。
時間を忘れ、旅行の思い出話や世間話を楽しんでいると、やっとゲートが開きました。
飛行機は、1時間半ほど遅れ出発する様子。

「わぁ~~、間に合うかなぁ(@_@;)」

 と、相変わらず心配しているhiromiさん。

「時間的にも大丈夫じゃないですかね?!
 それに、乗換る人結構沢山いるみたいから、大勢の人を置いていかないでしょう?!」

 と、考えが甘い私でした。
c0107588_14492588.jpg
左右3席ずつのコンパクトな飛行機
c0107588_14501110.jpg
マンチェスターからアムステルダムまで1時間25分のフライト。
上空から見るマンチェスターの街。真っ白…

c0107588_14551344.jpg
飛行機の中では、早速恒例の宴会(^_^;)

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-10-07 14:56 | フランス・イギリス旅行

マンチェスター空港にて

最近は、フライトチェックインや座席指定がインターネットで出来るんです。
帰りのチェックインと座席変更も出発前日に妹の家のPCから済ませておきました。

空港では、荷物を預け、搭乗券を発行してもらうためカウンターに向かいました。
何故だか応対してくれた女性係員の愛想の悪いこと(ーー;)
上手く英語が聞き取れなかったので、義弟に代わってもらっても、とにかく不機嫌で・・・
何を突っかかってきているのか、よく耳を済ませて聞いてみると、

「危険物はスーツケースに入っていませんか?」

「はい、入っていません」と答えるつもりで
「Yes.」 と、うっかり答えてしまったらしく・・・本当なら「No.」なんだけど。
「間違えました。入っていません。」と言い直してくれたのですが、
その女性…
「あなたたちの荷物は、別の場所でセキュリティチェックを受けることになります。」と。

「言い間違いです。入っていません。」と食い下がったけど

「あなた、一度"入っている"って言ったじゃない。あなたの言い分は聞く必要ないわ。
 セキュリティチェックを受ければいいだけのことじゃないの。」

というニュアンスのことを怖い顔して言っていました。
義弟も、何度も説明してくれたけど、相手は全く聞く耳なし(-_-メ)

聞いているこっちもムカッと来たけど、別にヘンなものが入っているわけじゃないから
チェックしてもらったらいいので引き下がりました。

その後、愛想の悪いその女性係員が部下?と思われる女性係員に、搭乗券と
スーツケースを渡し、セキュリティチェックへ。
もちろん、何の問題もなくチェックを済ませましたけど・・・・
あの言い方、感じ悪いゾ<(`^´)>

妹が、
「あの係員、私らが前に利用した時にも対応した人だわ。その時も機嫌悪かったわぁ。
 夫婦喧嘩でもしてんのかな。。。」

オイオイ・・・そんなにしょっちゅう夫婦喧嘩かい\(◎o◎)/!(爆笑)

マンチェスター空港の印象悪し!!!!
ま、この旅行では、大きなトラブルもなく、今まで超順調にやって来れたので
これもいい思い出か、と思うことにして、
(実は、これから大きなハプニングが待ち構えているんですが…)
いよいよ妹家族とのお別れの時。。。
c0107588_15234926.jpg
「じゃあね~!色々ありがとう。次は年末に日本でね~~(^o^)丿」
c0107588_15284144.jpg
c0107588_15325587.jpg
出発まで時間があるので免税店やロビーをウロウロ。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-10-06 15:40 | フランス・イギリス旅行

マンチェスターを去る日

いよいよマンチェスターを出発する朝…
昨晩、降っていた雪が、うっすら積もっていました。
マンチェスターがこんなに冷え込んだり、雪が積もったりする年は
あまりないとのこと。
私たち家族が到着してからは、零下の日が続き、そしてこんな雪。。。
珍しいことを喜ぶべきか、悲しむべきか(*_*;
c0107588_10262694.jpg
妹の家のバックヤードも雪景色。

c0107588_1035780.jpg
家の前の道路は、凍結してヤバイヤバイ(ToT)


行きは関空→シャルル・ド・ゴール空港(パリ)直行便でしたが、
帰りは、マンチェスター空港(英)→アムステルダム空港(オランダ)→関空
の乗継です。
アムステルダム行きの出発時間は11時30分。

それよりも、この雪…飛行機は大丈夫よね???
う~ん、お天気は良くなりそうだから、きっと大丈夫に違いない!
なんて、楽観的に考えながら。。。
実は、この後とんでもない出来事が待ち構えていることも知らず、旅行の余韻に
浸っていたのでした(^_^;)

飛行機の出発時間に合わせて、朝、空港まで妹達が送ってくれることになりました。
c0107588_10304647.jpg
家の前でみんなで集合写真を撮ろうと妹がカメラのセッティング中。

c0107588_1042367.jpg
寒さに震えながらの一枚^m^


義弟が運転する車に夫とユウタが。
妹の運転する車に私と娘と双子たちが乗ることになりました。
その妹…ペーパードライバーの期間が長かったからなのか、はっきり言って、
「運転が得意でたまらん!」人ではなく、どちらかというと
「マイペースで我が道のみ進む」って感じ。。。もちろん、狭い駐車場なんて大っ嫌い。
切り替えしを何度も何度もやって、ようやく入れられる・・・という、いわゆる迷惑かける方のタイプ。
そんな妹が、凍結した道を走るとなると・・・助手席の私は道路以上に凍ってしまいました。
キラキラ光る道路に反射する朝日がすごくて、妹はさっそうとサングラスをかけたのはいいけど、

うわぁ~~っ。。。まぶしすぎる。。。
  前が見え~~~ん。こわぁ~い!!


と言われると、さらに怖さ倍増でカラダが硬直してしまいましたよ(苦笑)
心の中で
「…空港どこよ?! はよ、着いてぇ~~(祈)」
と、神頼み。
ハンドル握って、怖い、怖いと言いながら、ちゃっかり
「このへん、高級住宅街なんよ。写真撮る? はよ撮らんと、通りすぎるよ~~」
なんて、余裕かましてガイドしてくれたり…
怖いんか、大丈夫なんか、どっちなんじゃ?(爆)
旅行の締めくくりがこれかよ??というスリル満点なドライブで、なんだか可笑しくて可笑しくて。
c0107588_1141743.jpg

※ちなみに、先に書いた とんでもない出来事 とは、このことではありません。
 これから忘れることのできない 「はっ???」 的なことが起こるのです。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-10-05 11:10 | フランス・イギリス旅行