ドライバー新調!

ドライバー買いました。

キャロウェイ LEGACYドライバー 2010 TypeL
SPEED AMORPHOUS Z 50W 10.5度 R 46インチ

中古メンズドライバーです。


今までは、レディースドライバー
ブリヂストン ツアーステージViQ CL 2004
13.5度 L 43.25インチ

大きな違いは、シャフトのフレックスとクラブの長さ。
(もちろん重さも違います)

フレックスというのは、シャフト(棒の部分)の硬さを表すもので、
女性用は、レディース の 『 L 』 。
一般女性ヘッドスピード 30m/s前後 にあった硬さが Lフレックスということになります。

私の場合、ヘッドスピードが38~40m/sくらいなので、Lだと少し柔らかく感じるのです。

特に、アイアン、UTが既にRなので、Lとのクラブ混在はスイングイメージがあまり良くないと
言われています。

ヘッドスピードが40m/s前後だと、R(レギュラー)フレックスが適しているとのこと。
よって、Rフレックスでドライバーを探しました。

ゴルフパートナーで何本かに絞り試打した結果、一番振りやすかったのと
球の掴まりがよかったので、キャロウェイ レガシーに決定。

ところで、クラブの長さですが、レディースよりかなり長い!
今使っているレディースVI-Qが43.25インチ。レガシーが46インチなので
2.25インチ=6.985センチ(約7センチ)も長くなります。
長くなるとさすがに打ちづらい・・・。
でも、遠心力が高まるので飛距離は伸びると言われますね。


今日、練習場で試してみました。

13.5度→10.5度 かなり高さが違い、今までと比べてかなり低く出ます。
フレックスの違いもあるのでしょう。
といってもこのクラブは、高弾道が売りの一つなので上手く当たれば程よい高さの
球が出るんでしょうね。

そして飛距離ですが、全然違いましたね。
打ちなれないので、ミート率がよくないですが、当たればキャリーで200ヤード近くまで行きます。
ランが出たら210ヤード超くらい行きそうです。
今までのがキャリーで180ヤード超くらいなのでざっと見て15ヤードくらいは違いますね。

これから、このクラブと上手に付き合っていきたいです。

c0107588_164519.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2013-06-03 16:07 | ゴルフ

<< ムスメ用ピアス 市の大会 >>