リバティのがま口ポーチ

リバティプリントを使った”がま口”を作りました。
手に乗るくらいの・・・ちょうど小銭入れにピッタリの大きさです。


以前、小さながま口ポーチを作った時に手を傷めてしまって
それ以来 がま口には苦手意識があります。

それに、口金に本体を接着剤で留めつけ、端っこをペンチで押さえるというだけの
接続の仕方が強度的に不安なんですよね。
重たいものを入れると、本体が口金からすっぽ抜けるんじゃないか・・・と。
実際、持っていた市販のがま口、すっぽ抜けた経験があります(@_@;)

でも、どうしてもリバティで作ってみたかったので今回試作を重ねて
再度がま口ポーチにチャレンジしてみました。

接着剤は強力なものを使ったり、本体と口金の隙間を埋める大切な役割をする紙紐は
しっかりと本体に縫い付けたり、少しでも強度を高めるよう工夫をしています。

そうして出来上がったのがこちら↓↓↓
c0107588_850425.jpg
やっぱりリバティはどんな生地を使っても可愛いです。
こちらはシルバーカラーの口金を使ったバージョン。

c0107588_8505644.jpg
こちらのカラーは金古美。
金古美カラーは何にしても人気が高いです。
ちなみに、口金自体のお値段も他のものと比べて高いです(^^ゞ


c0107588_851145.jpg
表布のリバティにはしっかり目の接着芯を張り パリッとさせているので中に物を入れても型崩れは少ないはずです。
また内布は、主役のリバティの柄に響かないよう生成りの生地を使っています。
オリジナルタグも今回は、リバティの邪魔をしないよう内側に縫い付けました。

がま口それぞれに、小さなチャームを付けています。これがまた可愛いです^^
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2012-09-25 09:15 | 手作り zakka

<< 来ました! 噂の・・・ シュシュ >>