ダウンブロー練習中

昨日はゴルフレッスン日でした。

スイングが出来てきたら、色んな打ち方を身に付ける、というのが
このレッスンの狙いのようです。(今更気付いた感じ・・・笑)

いつも、「ダウンブロー、もっとダウンブロー!」と先生から言われ続けています。
どうもクラブが寝て降りてきているようで・・・
いわゆる "払い打ち" のような形になっているんですね(-_-;)

"払い打ち"自体は悪いわけじゃないけど、深い芝などには向かないし、
そうなると悪条件ではミスショットが必然的に多くなる=スコアが縮まらないという
方程式が。

昨日、私のスイングを座り込んで後ろから凝視していた先生。
右側の視界に入るわ、沈黙の空気がイヤだわ、体が固まってロクな球が出やしない。

とにかく、クラブが寝て降りてくるのをどうにかしようと、先生は考えていたみたいで
凝視、沈黙の後、

「思いっきりアウトサイドからインサイド方向へ低く、
 左脇を締めて上から叩き潰すような感じで打ってみ」

と、極端な作戦に。。。

言われたとおり、アウトサイドから降ろしたつもりが、
「今の!!! ちゃんとラインに沿ってダウンブローで入ってきた!」

自分の感覚では、思いっきりアウト(外側)から入っているようなのに(@_@;)

「そうじゃな。外から入ってくるように見えるけど、全然外からじゃないで。」

自分の振り方の根本の感覚が違っていたことに愕然としましたね。
久しぶりにゴルフスイングで 新たな発見 があって嬉しくなりました。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2012-09-11 09:06 | ゴルフ

<< 様々なパールのブローチ おフランスなイヤホンジャックピアス >>