今日のレッスン覚書

今日はゴルフレッスンでした。

1月中旬・・・さすがに寒くて体がカチコチです。

練習場にも大きなストーブが点在していて嬉しいのですが
実際のところ練習を始めると体も温まってくるので暖を取る必要もなくなります。

でも、今日はお日様も出てなかったですし、少しでも練習の手を止めると
途端に寒くなりました。

さて、今日のレッスンのおさらい。(覚書)

今日は・・・・・
いつものように、ダウンスイング時、左脇の締めが甘い点を指摘されたのみ。
ダウンの時に左脇が甘いと、どうしてもカット打ちになりスライスが出ます。

「左脇、左脇・・・」
意識して振るけど、だいたい左脇を締めようとするタイミングが遅く、
インパクトした後に締めようとするので、無理やり手で左へこねるような小細工を
してしまうんですねぇ~~(@_@;)

先生はいつもこう言われます。

「ダウンスイングで、両腕が右腿の辺りに来た時にぐっと左脇を締めて
左手の甲がボールの方を向くイメージで。」

う~ん、頭ではわかるんだけど 体でそのイメージがなかなかわかない。

とにかく、左脇を締めるタイミングが遅いなら、いつかわかんないけど早いタイミングで
締めてみよう!

ということで、試行錯誤・・・

そして、
テイクバックをとり、ダウンスイングを左腕先行でやってみると意外や意外!
すんなり左脇が締まります。

はっは~! やっぱりゴルフは左なのね。
タイミングというよりも、利き腕・利き手の右の力が邪魔して左に神経が伝わって
なかったみたい(笑)
右の意識をなくして、左腕優先で振ると楽に振れますねー。
・・・ていう事も、初っ端よく言われてたっけ・・・・思い出しました(笑)
右に力が入ったら、締まる左も締まらないか。。。
というか、力が入りすぎたら良い事はないですね。

上手く左脇が締まると、7番アイアンでも130ヤードの看板を軽々超え~。
ドローのエエ球が出ます\(^o^)/

ところで、問題のウッド系ですよ、ウッド系・・・
あれほど得意だったのに、今はちょっと低迷。
今日も、精度がかなり悪かったです。
球がばらつきます。
ま、これも左腕の締りが響いていると思いますね・・・
問題を一つずつクリアしていきたいと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2012-01-16 17:41 | ゴルフ

<< ラッピング 自転車修理 >>