イップス

スランプ中のゴルフ・・・
練習を休もう、と言っておきながら時々練習場に足を向けてしまいます。
シャンクや、どスライスはなくなりましたが相変わらずダフリや引っ掛けが出るし
何よりも、気持ちの良い当たりや振り切ったときの良い感触がほとんど
なくなったのが悲しい(>_<)
もうここまで来れば、『いつか元に戻る』 という次元ではなく、
完全に打ち方が?・・・いや、何かわかんないですが、何かが変わって
しまったんだと思います。

早く12月のレッスンに行きたいです。

そして、もう一つ厄介な病気を発症中。
それは

ソフトボールでの『イップス』

ずっと前のブログにも書きましたが、ゴルフ同様 前触れなくいきなり発症しました。

私の症状は、『練習開始直後の送球が出来ない』 ってもの。

だいたい送球はキャッチボールから入るのですが、一球目からすっぽ抜けの暴投
もしくは上から投げつけたような奇妙なワンバウンドになってしまうのです。

ボールが手につかない というか・・・
腕が触れない というか・・・
リリースがわかんなくなってしまった というか・・・

とにかく、自分の体が別物みたいなんですよね。

いつもキャッチボールの相手をしてくれるRちゃんは
「大丈夫!大丈夫よー!^^」
と優しく受け止めてくれるのですが、本当に申し訳ない。

そう思うとまた体が固まってしまい・・・・うぅ、悪循環。

でも、10球ほど暴投を繰り返すと、段々と感覚が戻ってくるんですよ、不思議なことに。
キャッチボールの終わり頃には、投げられなかったことが嘘のような送球になっています。

何だこれは? イップスか?^m^

と最初のうちは笑いながら言っていましたが、今では笑えません。

参ります。


『イップス ソフトボール』 で検索してみると、出るわ出るわ(・_・;)

私と同じようにいきなり発症した人の多いこと。
プロアマ問わず悩んでいる人の多いこと。
実はプロ野球選手にも多いようです。
それが原因で続けられなくなり辞める選手も多いとか。

ソフトや野球のイップスの症状はほとんど同じで、遠距離よりも近距離が投げられないという人が大半。
キャッチボールや塁間、PチャーCチャー間ほどの近距離が危険度が高いみたいです。
原因の多くは、ある特定の送球ミスなどのショックが引き金となって突然発症するらしいです。
私は思い当たる節はないのですが。。。

今シーズン、残すところ練習あと1回。 試合もあと1回。

どうにかやり過ごすしかないですね。


冬眠したら、元に戻るかな。
というか、来年も続けられるだろうか?
ビミョーな感じです、ソフト。


*********** ↓ photo ↓ ***********

画像がないので、こんなものを(^^ゞ
今朝のお弁当の一品・・・
ピーマンとチリメンジャコをさっと煮たものです。
私、これ好きなんです。
熱々より冷やした方が美味しいです。
ご飯が進む一品^m^
食欲の秋・・・ヤバイね。
c0107588_1092147.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2011-11-08 10:17 | softball

<< 配達されて来た秋 ゴルフクラブのヘッドカバー >>