中学PTAの会議にて

昨晩、中学校のPTAの会議でした。
そこで話題になったことで気になる点、色々ありました(>_<)

中2の生徒たちが夏休み中に職場体験を行った時のお話。

今どきの子は、包丁が使えない = 家で手伝いをさせていない


うゎ~~っ
これ・・・うち、がっつり当てはまります。
常々子ども達には台所仕事をさせないといけないと思っているのですが
子どもがトロトロしているとイライラしてしまうので、つい自分でやってしまいます。
ユウタに至っては、包丁握ったこともないかも・・・
今どき、これじゃ いけないですよね。。。反省。



親の責任感や家族の関係が希薄になってきている


一般の事業所で職場体験をさせてもらうのに、生徒が無断欠席をしたそうで・・・
一番問題となるところは、勝手に休んでしまった子どもにあるのですが、その傍らに家庭の問題があるという話になりました。
そりゃそうですよね。
親は一般企業に我が子が受け入れてもらっている意識を持ち、迷惑がかからないよう家庭でもしっかり子どもに教えていかなくてはいけないですよね。
学校に丸投げではダメです。
今回のことだけではなく、最近は子どもに関わることを避け・・・というか、半ば放置?!し、子どもの生活の多くを学校に委ねる親をよく目にします。
そんな親を見るたび、自身の生活ペースを子どもに乱されるのが嫌なのかな?と思います。
確かに子どもは、親の思い通りにはいきませんし、毎日のストレスの温床です。
でも親たるもの、最終的には仕事や自分の事よりも、何よりも一番考えなければならないのは子どものことだと私は思うのですが。。。
すでに諦めて終わっている親、多すぎです。
自分が生んだのですから、親が責任を持たなくては誰が持つのでしょうか。
私は100%の良い母親でもないし、多分子ども達からすれば90%鬼の母親だと言うでしょう。
子育ての何が正解なのか、そして自分の判断や方向性が本当に正しいのか、いつも葛藤ばかりです。
でも、子どもの方へは逃げず、しっかり向いているつもりです。

16歳と14歳の・・・見た目はもう大人に近い我が子達です。
でも、大人ではないんですよね。
少しずつ手綱は緩めていかなければなりませんが、子育てはまだまだ続くと思っています。

親が逃げてはダメです。 諦めてもダメです。
ファイトです。


昨晩の会議は、そんなこんなで、改めて色々考えさせられました。

頑張れ、母!! 頑張れ、自分!!(笑)
 

P.S.
夢見てばかりで勉強をしないユウタの進路が心配でなりません(ToT)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2011-09-09 09:43 | life

<< またまたバネポーチ また、マチ付きバネポーチ >>