夕方の点滴

さぁ~~ 明日の準備は整いました!
後は寝るだけ(* ̄ー ̄*)ニヤリッ
遠足の前の日みたいにソワソワするわぁ~


さて、夕方、本日二度目の点滴に行ってきました。
午後からは私の主治医は休診で点滴だけの予定。

ところが、いつもはすんなりと処置室に呼ばれるのですが
今回は、細く眉毛書きました系の怖い顔の看護士さんが冷たく色々聞いてきたのです。

「明日、明後日と来られないのは先生と話済みなのですか?」

 「そうですよ。」

と答えても、すんなり受け入れず、処置室に入って何やらしている様子の看護士(-_-;)
戻ってきても、また同じ事を言って、どうやら疑心暗鬼な感じ。

とりあえず、点滴を、ということになりいつもどおりベッドに横になっていると
今度は(いつもはないのに)体温を測れと体温計を持って来ました。
そして、別の看護士なのか、処置室の医師なのか・・・追加でやって来て
今の身体の状況などを事細かに聞いてくるんですよね。
それが、申し訳ないけど、みんな上から目線で腹立たしい。
特に、質問しメモを取っている人なんて、仰向けに寝ている私の足の甲を下敷きにして紙にペンを走らせているんです(ーー;)
信じられないですよ・・・ったく。

その後、点滴を持ってやって来たのが、例のボランティアのことを聞いた偉そうな
看護士Σ( ̄ロ ̄lll)
最悪ぅ~~

「明日明後日来られないってことは、前に話されたボランティア、行くんですねー(-。 -; ) 」

うわぁ~~ なんか嫌味な言い方ー。
てか、覚えてたんかっ。。。(ーー;)

その後、また下敷き女が現れて、

「あのねー朝の先生は、明日、明後日は来なくていいって言ったかもしれないけど・・・
 ・・・・土曜日の午前中には絶対に来れるんでしょっ?<`~´>
 薬は絶対に飲み忘れないように飲んでくださいよっ」

そう言い放つと、こっちが「ハイ」と返事をするまでもなくきびすを返して去っていった。。。

何なんよ、この人たち・・・(ToT)
それに『朝の先生』って言い方、何?
主治医だし、ちゃんと名前もあるし、しかも院長だよ?

あーーー、疲れるなぁ、この空気。

そして、点滴が終わってその処置を対応してくれた看護士が、
色々聞いてきた最初の細眉怖い顔の看護士で・・・

もう、午後はツイテナイな。。。 と思っていたらカウンターパンチが飛んできました。

虫垂炎は少し前は絶対すぐに手術だったんです。
今は点滴で抑えるということもしているけどぉ。
明日、明後日のうちで、ほんの少しでも様子が変わったらぜーーーったいにす・ぐ・に・
受診してくださいよ。
そうなったら手術ですからね!!!!
本当にすぐに来ないと、こんな(指で円を作ってみせる)小さい傷で済むものが、
こーーーんなに(胸の上から恥骨まで手で線を引いてみせる)大きい傷に
なるんですからね(怒顔)


もう、わかったって。
朝の診察の時に、先生と話したし・・・。

それにしても、どうして主治医が休診の時に、外野がこんなに大騒ぎするのでしょうか。
確かに私の状態が良い状態でないのは分かっています。
でも、主治医が私と話したときに看護士も同席していたのに。。。
診察室外で、あーだ、こーだと言われるのってどうかと思います。

伝達が悪いのか、看護士連中が強いのか・・・
はたまた、主治医の判断に批判があるのか・・・
とにかく、連携が悪いなぁ~~
看護士の態度が悪いなぁ~~ という印象。

それに毎日1時間も、ぼーーーっと点滴していたら、聞こえるんですよ、看護士たちの私語や
看護士同士の会話が。
ここに挙げた偉そうな彼女たちは、患者さんにもそうですが、同僚?部下?にも感じ悪い言い方してます。
聞いているこっちが気分悪くなります。
とても感じの良い看護士さんやお医者さんも沢山いらっしゃるので、尚更残念です。

第三者目線って怖いですねぇ~~^m^
いろいろ見えちゃう。
私も昔はお客さま商売していたので、その時、どんな風に見られていたのかな。。。
と、急に不安になりました(>_<)

えーーっと、散々愚痴ってしまいましたが、まあ・・・看護士のみなさん、患者の私を
心配してのことですよね。
看護士さんたちに 「ほら見たことか!」 と言われないよう、元気に土曜日の朝
点滴に行きたいと思います。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2011-06-22 23:34 | life

<< ボランティア終了! ミズノオープンに行ける~! >>