印鑑ケース

週末にかけて念願の(?)印鑑ケースを作りました。
リバティの印鑑ケースは、ハンドメイドサイトでよく見かけていました。
手のひらサイズの小さなものですが、リバティの可愛らしさがとても
引き立つアイテムで、私もぜひ作ってみたいと思っていました。
普通の大きさの認印が1本、ジャストに入るサイズです。
c0107588_10572514.jpg
実は私、がま口タイプの小物を作るのは初めて(*_*;
ネットや手芸本などを参考に試行錯誤しながら作ったのですが・・・
結論から言うと、口金を扱うのは結構難しかったです。
本体と口金をしっかり接着しないといけない!と思い、ボンドをたっぷり塗ると
はみ出てくる~(ToT)
かといって、ボンドが少ないとすぐに取れてしまうんじゃないかと不安になる。
そのボンドの微妙な量が未だに完璧でなく、どうもスッキリしない。
(私、意外に完璧主義なんです^m^)

口金に付いたボンドを拭き磨き上げたり、口金の内側のはみ出たボンドをカッターで
削り取ったり・・・あんまり好きじゃない作業が多かった(^^ゞ

でも、出来上がると、やっぱり可愛いです。
苦労して産んだ子は可愛いのか?(笑)
c0107588_1181333.jpg

内側の布にボンドがはみ出てしまってどうしても許せないものもあります(涙)
そんなものは販売できませんが、キレイに出来たものは手しごと市に出品しますね。

c0107588_1117148.jpg

〔A〕
ラッピングはこんな感じかな。
ラッピングしても印鑑ケースの表裏の柄を実際に見ていただけるよう
台紙はつけてません。(ホントは台紙があった方が映えるんだけどねぇ~)
それと、どうしても使用リバティの柄名をお伝えしたかったのでタグ…カード?に
大きく柄名を載せました。

〔B〕
柄名のタグの裏側にもう一枚。
これはリバティについてのお話です。
「リバティってどんなもの??」を簡単にお伝えするカードを作りました。
はじめてリバティに出会う方も、リバティって素敵!と思っていただける
お手伝いが出来ると嬉しいです。

〔C〕
汚れやすい印鑑ケースの内側は黒の合皮です。
汚れが目立ちにくく、また合皮のため軽く水拭きもできます。
生地と合皮の間には芯として、柔らかめのプラスティック板を入れました。
普通に使用するには全く問題はないですが、印鑑を入れずケースを押しつぶすと
プラ板が割れる恐れがあるので気をつけなければなりません。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2010-10-26 11:38 | 手作り zakka

<< 一家スポーツ日和 今夜のゴルフ打ちっぱなし >>