コッツウォルズ 「バイブリー」 その8

さて、さて・・・
このあたりから、ホテルの宣伝でもしていきましょう(^o^)丿
写真メインでどうぞ~~

c0107588_17322171.jpg


マナーハウスなので、近代的なホテルのように広いホールはない。
ホテルの玄関を入ってすぐ左に進んだ場所から振り返った写真。
奥の赤い花が活けられたコーナーの右側が玄関で、そこから出入りすることになる。
そして玄関正面のステップを上がるとレセプションがある。
更に、花瓶の向こう側に白いクロスを掛けられたテーブルが見えるが、そこを突っ切って部屋に上がることになる。どうやらそのテーブルが置かれているところは、レストランの一角ようだ。
ホテルのレストランは、私たちが食事したコンサバトリーと、こちらに分散している模様。
お客が多い時には、こちらも使うのではないか・・・?!

ホテルのあちこちに、アンティークな家具が置かれ、重厚な雰囲気を醸している。
廊下のカップボードにはアジアンチックな食器が大事そうに飾られてあった。




c0107588_17475035.jpg
ホテルのラウンジ。
ここで気軽にくつろぐことができる。(らしい)
私と妹が朝食後に立ち寄った時には、英国人らしき男性がのんびりと新聞を広げていた。
さすがに、さまになっていたナ・・・(*^_^*)
アフタヌーンティーもこちらで出来るはず。
「私のカントリー別冊(←※別冊ってのがミソ)」に出てきそうな、光景が広がってドキドキしてしまった。
ここに暮らしたい~~

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-06-11 17:55 | フランス・イギリス旅行

<< コッツウォルズ 「バイブリー」... コッツウォルズ 「バイブリー」... >>