コッツウォルズ 「バイブリー」 その2

c0107588_10425014.jpg
ホテルに到着して興奮したのは私だけじゃなかったみたいです(笑)
車から荷物を降ろす大人を横目に、子ども達は広大な庭を目の前にして本能むき出し。
走る走る…(-_-;)

建物の真ん中のドアから入ったところがフロントデスク。
そこは狭くとても地味で目だ立たない。
普通のホテルは、ひと目でフロントだとわかるけど、このホテルは違いました。
かっ幅のいいオバサンが、たった一人入り込んで事務仕事ができるだけの場所。

義弟がチェックインをした後、そのデカイオバサンが部屋まで案内してくれました。
案内をしてくれたのはいいんですが、愛想のないオバサン…苦笑。

ホテル用に作った建物ではないですから、部屋までは、なんとレストランの中を突っ切り、
数段上がって曲がって、また数段上がって・・・というような不規則な階段が。その脇には
部屋に入るドアがいくつも。
c0107588_113322.jpg
一体私たちの部屋はどこなんじゃいっ(@_@;)
さらに上階は狭くなる廊下…
そんなところをスーツケースを持ち上げながら進む私たち。(…厳密にいえば夫と義弟)
オバサンは、超マイペースでガンガン進みます。。。
「待ってくれ~~~」
迷路のような通路を一生懸命着いていくが、置いていかれる私たち(汗)
サービス精神ないよな…迷ったらどうすんだよっ(ToT)
と密かに思ったものです。
けど、迷路のように感じた通路も結局は一本道で、迷うことなんてないことに後で気がついたんですけど(-_-;)c0107588_1135289.jpg


やっと着きました。
私たち家族の部屋はROOM30。
3階の部屋です。
妹達の部屋は、その部屋から更に奥。




c0107588_11144191.jpg
赤まるのところが私たち家族の部屋

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-05-25 11:16 | フランス・イギリス旅行

<< コッツウォルズ 「バイブリー」... ワークスモック >>