パブ

イギリス名物といえば…パブ!(パブリックハウスの略なんだって)
イギリスでは、食事やお酒を楽しみながら語り合う、まさに『社交場』なんだそうです。
ガストロ・パブといって、食事も提供してくれるお店も多く、
食べたい&呑みたい私にとっては、とても楽しみな場所。

c0107588_14494578.jpg
それにしても、ド田舎の道端に忽然と現れたパブ…
当日は、超寒い&濃霧(@_@;)
道路にも、パブの周りにも人の気配がない。
大丈夫かぁ?!ホントに営業してんの??って感じでした。

ですが、お店のドアを開けた瞬間、すっごい混み具合でビックリ!!
女性客や家族連れも多い人気店でした。
ダンナム・マッシーにある『The Axe&Cleaver』(斧と大包丁)という名前のパブ。
Chef&Brewerというパブチェーンのお店みたいです。

時々食べに来るという妹夫婦にメニューの注文は全てお任せ。

「あ、飲み物はビール♪でお願いね。」
 
  「ハーフパイントでいいですよね?」と義弟。

「どのくらいの量かわかんないけど、それでお願い。」

ハーフパイントとは、ビールの量のことで、1パイントが568mlなので
その半分の284mlということですね。大きなコップ一杯って感じです。

で、イギリスのビールといえば、エールビール(常温のビール)でしょうけど、
ちゃんと私達仕様に義弟は、ラガー(銘柄:ステラ)を注文してくれてました。
c0107588_1580100.jpg
色々頼んでみんなで分け合って食べました。
どれも、ドカっドカっと皿に乗っていて豪快ですが、味は美味しかったです。
c0107588_1594378.jpg
イギリスの食べ物で有名なものはこれ!「フィッシュ&チップス」
白身魚(だいたいはタラ)のフリッターにフライドポテト。
そしてお決まりの付け合せは、緑の豆のマッシュ(マッシーピー)。
ロンドンではドロドロで甘いグリーンピースが付いて来ました。
ビネガーと塩、タルタルソースをお好みで。
イギリスで、「フィッシュ&チップス」を何度食べたことか…(笑)
どこのレストランにでも当たり前のようにあります。
そして、お客の誰かが当たり前のように食べてます^m^
テイクアウトでもよく食べられているメニューだそうです。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-04-27 15:29 | フランス・イギリス旅行

<< 半袖シャツ 150サイズ マンチェスター・ユナイテッド ... >>