キャス・キッドソン

いよいよ、ロココ・チョコレートからすぐのキャスへGO!です。
念願のキャス~~\(^o^)/
お店を見つけるとテンション急上昇です。
c0107588_12122995.jpg

お店に足を一歩踏み入れると、そこはキャスワールド♪
ガイドブックに、今回行けそうな場所のキャスのお店に印をつけ、
やっと辿りついたキャスのお店です。
嬉しくて、クラクラしてしまいました(笑)

しかもセール中で色んなものがすっごく安くなってる!!!
これまたテンションUP↑↑
子どもや夫はそっちのけで、夢中になって一つ一つを手にとって
見入ってしまいました。
c0107588_12203892.jpg

1階は、バッグやポーチ、サニタリー、バス用品などがあり、
地下への階段を下りてみると、子どものものやファブリックがありました。
キャスは日本では高いですが、本場ロンドンでは円高効果で、
どれもがかなり安く買えます。
オイルクロスの花柄のバッグや、お土産や自分用のキーホルダー、
ポーチなど・・
次々に買い物カゴに入れちゃいました^m^
そして、お目当てのファブリック!
シーチングのような軽い生地を選んで、1mカットをお願いしました。

「切ったらお持ちしますね」

と言われたので、その場はお願いして、更に物色。
同じように、雑貨好きのムスメは、アレコレ品定め中。

「なぁ、このノート買って♪」

  「ん~~、ノートは消耗品だからダメ~××(だって高いんだから)

結局、ムスメもキーホルダーや長財布など、大事に使える物を選んでました。
(というより、選ばせました^m^)

しかし、生地のカットのおばちゃん、仕事が遅い。。。

しかも、 「ハイ!時間でぇ~~す。」

と、時折、夫とユウタに急かされ・・・

あのおばさん、本当に生地を切ってるのか(ーー;)?と、何度か見に行きました(苦笑)
日本なら、ちゃーーっと鋏を走らせて素早く上手にカットしてくれるんですけどね(^^ゞ

で、生地が来たところで、レジで精算。
そうしたら、レジの美しい金髪の可愛いオネエちゃんが、

「この生地(カウボーイ柄)、ナイスチョイスよ~♪」と喜んでくれました。
c0107588_12385688.jpg

よかったなぁ・・・キャス。
可愛かったなぁ・・・キャス。
また行きたいなぁ、キャス。

日本に帰る飛行機の中で、ムスメはキャスのカタログを、穴が開くほど眺めていました。
で、カタログを私に見せ、こう言いました。
「2月の誕生日には、この靴買って~~」
オ~イ、なんでこんなところで言うんじゃ~い\(◎o◎)/!はよ言わんかい…(-_-;)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-04-10 12:53 | フランス・イギリス旅行

<< 春爛漫 ロココ・チョコレート >>