自然史博物館 その1

ロンドン塔・タワーブリッジを後にして、サウス・ケンジントンにある
自然史博物館に行きました。
着いた時には、4時くらいで、もう薄暗くなってきていました。
c0107588_20472235.jpg
もともと大英博物館の一部門として始まった博物館で、1880年に大英博物館から
独立して現在の場所に移った。
この博物館は7000万点以上もの収蔵品からなる生命科学・地球科学コレクションの収蔵施設。
建物は、ロマネスク様式でデザインされていて、ロンドンのロマネスク様式建築物の代表例である。
(一部ウィキペディア(Wikipedia)から抜粋)

大英博物館に続き、ここも入場無料!!すごいね、イギリス!
c0107588_21152136.jpg

入り口を入ると、吹き抜けのホールでいきなり恐竜の標本がお出迎え。
わ~~ぁ~\(^o^)/
映画のナイトミュージアムみたい♪

c0107588_2115729.jpg
中央ホールの天井には数多くの植物画が描かれており、その数は北側だけで162枚にもなる。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-03-31 21:19 | フランス・イギリス旅行

<< 自然史博物館 その2 ロンドン塔とタワーブリッジ >>