リバティ

手芸好きなら知らない人はいない!「リバティ」のファブリック。
「リバティ」を買うために、本家本元、デパート「リバティ」に行きました。
c0107588_15435457.jpg
何度も写真で見ていた憧れのリバティ。
チューダー調の外観が英国らしい。

オックスフォードサーカス駅から徒歩で数分ですが、その途中にH&Mを発見!!
H&M・・・安いっ!
ついつい、娘と、あれやこれや、物色してしまいました。
もっともっと買いたかったのですが、衣類はかさばるので却下・・・(残念)
c0107588_1644978.jpg
買ったのは、ストールとネックレス。
どの商品も「ポンド」と「ユーロ」が併記されてあった。

日本円で当時1ポンド=135円くらい、1ユーロは、125円くらいでした。
ストール、ポンド表示では、4.99ポンド、ユーロ表示では、7.90ユーロですから、
ポンドで買えば、673円。ユーロで買えば、971円。
もちろん、ポンドで買いました^m^
ネックレスも、両方とも2.99ポンドと4.90ユーロと書かれてあって・・・
ポンドで買ったので1本403円です♪めちゃ安!

そんな中、夫とユウタは・・・(私達に放っておかれ)、挙句の果て、
待ちくたびれて、入り口横のスペースに座っていたそうです。
すると、同じような境遇(!)のご主人方が次々やって来て、同じように座って待っていたんだとか。
ひとりがポツリと
「・・・men's select」 (と、言ったんだ、と後で夫が言ってました。よく聞き取れましたナ)
万国共通なんですね、買い物が長い妻に付き合わされる夫の姿って。

で、本題、リバティです。
外観もクラシックですが、中もそのまま、クラシックでした。
どこもかしこも、木の質感たっぷりで素敵です。
華やかな吹き抜けホールのシャンデリアに、店内の品揃え・・・
それにスタッフも、ガツガツしていなくて、スローで丁寧なのです。
さすがに「王室御用達」のお店。
c0107588_16532141.jpg
(右上)夢中でセール品のリバティプリントをあさっている母娘・・・上階から呆れて撮った写真に違いない。
(右中)getしたリバティプリント。もったいなくて使えない。。。
布を入れてもらった紙袋からロゴを・・・袋ももったいなくて使えない(-_-;)

20%オフのワゴンセール品、セール除外品、どれもがタマラナイ生地ばかりです。
リバティのこのファブリックコーナー、吹き抜けホールを中心にぐるりと一周あるのですが、
私・・・何周まわったことやら。
ちょうど、小学生低学年くらいの娘さん二人を連れた日本人のファミリーもいて、
その娘さんたちが二人ともリバティプリントの服を着てました。
きっと、お母さんの手作りなんでしょうね。可愛かったなぁ~♪♪
またここで買った生地で娘さんの洋服を作られるのかなぁ?なんて勝手に想像しました。

そして、またまたうちのオトコどもは、まちくたびれ・・・
ユウタは、この通り↓
c0107588_17142935.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-03-12 17:16 | フランス・イギリス旅行

<< バッキンガム宮殿 ロンドン 地下鉄 >>