ユーロスターに乗り ロンドンへ

パリからロンドンへは国際列車『ユーロスター』を使いました。

「ユーロスター」は、ドーヴァー海峡を走る高速列車だということは、知っていましたがまさか、自分が乗ることになるなんて…(^^ゞ
有名な「ユーロスター」…
自分の勝手な想像とネットから仕入れた情報とが交錯し、すっかり身勝手にユーロスターのイメージを作り上げていました。
「ユーロスター」ってすっごくキレイで素晴らしく高級列車!!(←私のイメージ)
c0107588_1617246.jpg
パリの発着駅は「Gare du Nord」ガール・ドゥ・ノード(北駅)。
ユーロスターの窓口は2階になる。

で、ユーロスターのチケットですが、飛行機、ホテルに引き続き、これも私がネットで手配していました。
ユーロスターのHPで簡単にチケットが予約できるんです。(英語ですけど簡単なので大丈夫!)
だけど、日本の鉄道と勝手が違うのが運賃設定…
発売開始になったばかりのチケットはバカ高だけど、日にちが経つと安くなったり、そしてまた日が迫ってくると高くなったり…
時間によっても値段が違います。
よくシステムがわからないので、ある程度安くなって、この程度なら、というとこで妥協して買いました。
後から調べてみても、そんなに高くなかったので、買う時期選びは成功だったと思います。

ネットで予約すると(支払いはクレジットカード)、予約コードがE-mailで送られてくるので、それを印刷して持って行きます。
駅には、チケットマシンがあるので、そこに支払いしたクレジットカードを挿入して、予約コード番号をプッシュすればチケットが出てくる仕組みになっていました。
それを持って、まずは、フランスの出国審査です。
「コンニチワ~」と日本語で挨拶され、あっさり出国。
前進すると、次の窓口は、UK入国審査です。
入国カードに記入して、パスポートと共に提示。
愛想の悪い入国審査官のオバちゃんに、えらいしっかりとチェックされて

「ファミリー?ファミリーなら全員、こっちに来て下さい。
 ロンドンに行く目的は?」(ガイドブックおきまりのフレーズを初めて聞かれたぁ~)

 「サイトシーイング!」

「ロンドンからマンチェスターへ行くの?何しに?」
(入国カードに、UKの最終出国地域の欄にマンチェスターって書いてあるので)

 「マンチェスターには、妹が住んでいるんです!妹に会いに行くんです。」

「・・・」(頷いて、ムスっと事務的にパスポートを返してくれる)

感じわるぅ~~~
フランスの入出国とは全然違うわ。

入国審査を過ぎれば、次…荷物検査も金属探知ゲートもあります。
ゲートをくぐった娘が引っかかってしまいました。
ボディチェックをしてもいいか?と私に尋ねてきたので、「どうぞどうぞ」と。
どうやら、ブーツの金具が駄目だったようです。
ロングブーツを脱いで、タイツ姿でゲートをくぐる娘。
隣ではブーツが寂しく、クタっとなりながらベルトコンベアーを進んでX線の検査…
娘も、ブーツも、なんだか情けない姿で笑えました。
そこを出れば、あとは、ユーロスターのホームが発表になるまでひたすら待つのみです。

c0107588_16595576.jpg
「Gare du Nord構内」と「チケットマシン」「UK入国審査後の待合」
さすが国際列車…列車の中には荷物置場がある。
パリ←→ロンドンは約2時間半。
時差があるので、ロンドンに到着すると、時計を1時間戻す必要がある。

初のユーロスター乗車!!!
高級でも、キレイでもありませんでした。
新幹線の方が広くてキレイです(>_<)

ユーロスター、ロンドンの発着駅は「セント・パンクラス駅」。
駅で見かける字が、英語だ♪
パリでは、なんのこっちゃ訳わからんのオンパレードだったので、英語を見て安堵感を覚える私でした。
てか、英語もよく分からんくせに…
c0107588_1781319.jpg

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-02-20 17:18 | フランス・イギリス旅行

<< ポートベローマーケット パリを経つ日 >>