パリを経つ日

パリネタ、一通り書きましたので、そろそろロンドンネタが近づいて参りました。
しつこく、まだまだ旅行記が続きますので、お付き合いくださいませ。

子どもの終業式の翌日(冬休み1日目)から、この旅行がスタートしました。
12月23日のお昼過ぎのエールフランスで関空からパリまで飛ぶこと約13時間。
それから、パリへは4泊。
そしていよいよ、パリを後にする日がやって来ました。

私がこの旅行で心配していたことの一つに、パリのタクシー事情がありました。
それは、パリのタクシーは基本的には3名しか乗車させないらしいのです。
それに荷物が多いと更に難しい…
じゃあ、4人と大きなスーツケースが一緒に移動するためには・・?
タクシー2台?それとも大きな車?
そんなことを考えながら、前日の朝、ホテルのレセプションスタッフに車の手配をお願いしてみました。

私: 「明日朝、ユーロスターに乗るのでパリ北駅まで行きたい。
    家族4人とスーツケース3つあるんだけど…」

スタッフ: 「明日朝ですね。分かりました。朝の何時ですか?」

私: 「朝7時です。」

スタッフ: 「分かりました!」

フランス語は、全然無理なので、簡単な英語で伝えたのですが、あっさり理解してもらえてホッと一安心。
その日の夜、観光してホテルに帰ってきたとき、朝お願いした人と違うスタッフが、

「明日朝7時に、車の手配をしています。
車は大きい車を頼みましたが、それで大丈夫ですか?」

と、ちゃーんとスタッフからスタッフへ申し送りがされ、その報告までいただけました。
当たり前のことなんだろうけど、そんな小さな気配りがとっても嬉しかったです。

夜は明け、パリからロンドンに移動する日です。12月27日、土曜日。
車を依頼したレセプションスタッフが朝の当番だったようで、ドアのところまで出てきてくれて
「Have a nice trip!」と、笑顔で送り出してくれました。
最後まで、気持ちの良い対応をしてもらって感激。
小さいけど、人情味のある素敵なホテルに泊まれてよかった~~♪

で、パリの朝7時すぎ…まだまだ暗いんです。
確か、この季節は9時くらいにならないと、明るくならなかったと思います。
c0107588_15384423.jpg
車はセーヌ川沿いをずっと下って行った。
朝7時過ぎだというのに、まるで真夜中のような景色。
エッフェル塔、オルセー美術館、シテ島にあるコンシェルジュリーノートルダム大聖堂が車窓から見えた。
ちょうどそのシテ島が見えた辺りを左折して、北に上がれば「Gare du Nord」(パリ北駅)に着く。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-02-20 15:57 | フランス・イギリス旅行

<< ユーロスターに乗り ロンドンへ ノートルダム大聖堂 >>