オルセー美術館 その2

今回は、オルセー美術館の建物について書きます。

先にも書いたように、オルセーの建物は、もとは駅舎。
その面影が今でも十分に残っています。
c0107588_124527.jpg
1900年「オルセー駅」の様子

c0107588_1254460.jpg

オルセーに到着して出迎えてくれたのは、サイくん!
セーヌ川の冷たい風に吹かれて(人も少なかったせいか…)ポツンとたたずむ姿が寂しそうなサイくんでした。
「ミュージアムパスもあるし、そんなに並ぶことはないな」と内心思いつつ
美術館の入り口にはチケットを求める列の最後尾に行こうとすると、
外の案内所で待機していた(?)黒人のスタッフが
「ファミリー?」と。
  「Yes!」
「ファミリーはこの入り口じゃなく、ぐるっと裏手に回った入り口からどうぞ!」
(本当にそう言ったのかは、定かではないが)
って感じに説明してくれたので、裏手に回ると、がら空きの入り口がありました。
一切並ぶことなく、チェックを受けてスムーズに入場。
すぐ右手にはクロークがあったので、コートも預けて身軽になっていざ観覧。
内部が良く分からないまま、すぐ近くにひっそりあった重たいガラスドアを開き中に入ると
(本当に勝手に入ってもよかったのかは、未だ不明)
いきなり開けた空間の脇に出ました。
おぉ!!旅行本と同じだ~!と感動。

さて、この空間が駅そのものですが、建物としては3階建てになっていて、各フロアー、吹き抜けの両脇などに展示室があります。

ところで、このゴージャスな時計も当時からのもの。
この時計がオルセーの名物(?)になってますね。
あ、『サクレクール寺院が見える』外壁の大時計とは別物ですよ~。
これは、建物の中にある時計です。

美術館の雰囲気は、重厚な感じのルーブル美術館とは違い、ここオルセーは明るくモダンな感じが漂います。

そして、この美術館の(私的な)もう一つのお楽しみ…
雰囲気抜群のレストランです。
c0107588_1215889.jpg
「Restaurant du Musée d'Orsay」
旅本「地球の歩き方」に載っている写真と同じ席に着くことができラッキー(笑)

11時45分からのオープンでしたが、オープン前には既に行列ができてました。
ユウタは子供用のセット。他は日替わりのランチセットを注文しました。
メインの魚料理のプレート・パン・デザート。
日本から離れて、ひさしぶりに魚(サケでしたね…)を食べて満足♪
デザートは、アイスクリーム3種類のセット。
…味が濃厚すぎて(特にチョコ)全部食べ切れませんでした(涙)
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-02-03 13:09 | フランス・イギリス旅行

<< オルセー美術館 その3 オルセー美術館 その1 >>