パリの交通 その1

パリはとても交通の便のいいところでした。
私たちが泊まったホテルから最寄の地下鉄(メトロ)の駅は6番線のPassy駅。
ホテルから徒歩10分ってところでしょうか。
また、Passy駅を下ればすぐに72番のバス停「Pont de bir hakem」があります。
「ビル・アケムの橋」という名の停留所…まさにビル・アケム橋のたもとにあります。
c0107588_2015446.jpg
ビル・アケム橋を走る6番線地下鉄。6番線は14ある路線のうち唯一地上を走る路線だそうです。

乗った72番バスはルーブル美術館の横、しかも、
ガイドブックに載っていた「混まない入り口」の真ん前に停まるのでとっても便利でした。
3日目、対岸のオルセー美術館に行くときにもこのバスに乗りました。

実は、パリのバスの切符は地下鉄の切符と共通のもの。
とりあえず、初日にPassy駅でカルネを購入することにしました。
Carnet(カルネ)とは、回数券のことで、Billet(ビエ=切符)が10枚1セットになったもの。
Passy駅の切符の自動販売機はクレジットカードも使えるタイプのものだったので
早速トライです。
買い方は、日本で予習済み!
ローラーを回して、「カルネ」を選択し、クレジットカードを挿入、暗証番号OK!
さあ、どうだ~~!!!
・・・出てこない。ウンともスンとも言わない自販機…固まる家族4人…
後ろには人が並び始め、超焦る~~~
「Can you speak English?」と若くカッコイイ(そう見えた)お兄ちゃんが見かねて(?)声をかけてくれたのでした。
微妙だけど 「…a little」 というと、英語で説明してくれ操作を手伝ってくれました。
なんて親切ぅ~(ToT)
「OK?」 「Yes,OK!Thank you♪」とお礼は言ったものの、心ひそかに
「え~、さっきと何が違うんだろう?同じ操作してるんだけどな」と思ってたのでした。
ま、いっか、よぉ~し、カード入れて、暗証番号押して…
…ん??
出てこない。…出てこないじゃん。
再び固まる私たち家族。
お兄ちゃんには「あんた、何やったのよ?」って顔されて、もう一度最初から一緒にトライ。
またまた同じ操作。
カード入れて、暗証番号押して(お兄ちゃんはその間よそを向いててくれてる)そして…待つ。
機械はシーーンとしたまま。やっぱ出てこないじゃん(焦)
こちらを振り返るお兄ちゃん。で、一言「カード抜いて」と。
突っ込んだままのクレジットカードを引き抜くと、ガシャガシャガシャガシャと出るわ出るわ。
えーーーーーっ、知らなかった。
カードを抜かないと出てこないもんだとは。
家族みんなで「Thank you very much!」を連発してその場を去りました。
c0107588_20512112.jpg
Passy駅は坂の中腹にあるのでバス停(下)の方からは露天の上りエスカレーターがあります。
背後には青くライトアップされたエッフェル塔が見えます。
バス停前の右側のお店は、初日早速、夫とユウタがトイレ(だけ!)を借りた記念のバー。
なんでホテルを出て間もなくしてトイレを借りなきゃいけないの?(-_-;)我が家の男どもは…まったく。
あれだけ「パリの街はトイレが少ないから行けるところで必ず行っておくように」と言っておいたのに…

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2009-01-15 21:07 | フランス・イギリス旅行

<< パリの交通 その2 「地下鉄」 パリのホテル >>