準備中…

フランス・イギリス旅行が近づいてきました。
長い時間をかけて少しずつ用意をしてきました。
とはいえ、旅行を決意してから今まであまりにも時間がありすぎた為、
ひとつの準備に膨大な時間を費やしたような気がします^_^;
c0107588_11101789.jpg

上左:自作の「旅のしおり」
上右:ネットで予約したものが多いので「予約確認書」のプリント
    バス停など役に立ちそうな資料をネットからプリントアウト
中左:「ミュージアムパス4日間券」パリの美術館のパス。 
    現地では手に入りづらいと聞き、日本で準備。
    このパスを持っていると長蛇の列に並ばず入れるらしい。
    だいたい子供は入場無料なので夫と2人分。
中右:ユーロとポンド…「円高効果で両替所に殺到」とニュースで知り、私も!(笑)
下左:今のパスポートってこんなんだね…中にICチップが入っているのにもビックリ(@_@)
左右:大中小3つで4人分の荷物を入れます。(まだ買った時のラベルも取ってません)

準備の苦労話を少しばかり…
スーツケース。
いくつか持っていますが、15日間の旅行&4人の移動には小さすぎる。
そして重過ぎる…
どのくらいが適当なのかをよ~~くよ~~く考え(つもり)、
ネットや色んなお店を回って下準備し、そしてセール品をGET!

観光スケジュール…
これが一番苦労しました。
まったく土地勘がなく(当たり前か!)、ガイドもいない旅行です。
有名どころのガイドブックを何冊も買い込み、
もっとディープな情報が載っている本は、本屋通いでインプット。
毎日「ふらつー」(ネットのパリ情報HP)や現地で暮らす方のブログを読み漁り
思いっきり(にわか)情報通になりました。
自作で「旅のしおり」なんぞ作り、まるで修学旅行。
さすがに座席に名前までは入れてませんが、それに近い徹底ぶり。
地下鉄の路線番号はもちろんのこと、
「どの駅からどこ方面行きに乗ってどこで降りる、はいここまで○分」
…A型の血が騒いだ結果です。

で、知識もなく漠然と観光~~だと面白くないってことで、
「ベルサイユのバラ」の漫画を手に入れ、フランスの歴史を勉強!
  → ユウタはきっとオスカルも実在の人物だと思っているに違いない。
「アメリ」を観て、モンマルトルの雰囲気を予習。
  → フランスギャグにあんまりついていけてない我が家
    …我が家では「アメリ」は評価低
「ノッティングヒルの恋人」を観て、絶対にあの本屋に行こう!と決意。
  → この映画はよかった!!
「オペラ座の怪人」のDVDを無理矢理子供たちにも観せ(字幕だから嫌がる)、
ミュージカルに備える。
  → これ観て、パリとロンドンがごちゃ混ぜになっているらしい。
     オペラ座…パリのオペラ・ガルニエがモデル (見学行くよ~)
     ミュージカル…ロンドンのハーマーズシアターで見るのよ!
そして極めつけ
「フランス語」のCD付テキストを購入
  → 発音が(汗)
    「ボンジュール」が「ぼんじゅーるのぅ」
    「ボンソワール」が「ぼんそわーるのぅ」
    「r」が鼻の奥の痰を切るおっさん「(はっ)or(かっ)or(こっ)の中間」に聞こえる。
   あ~~やばい…単語くらいは伝えたい私なんですが。。。
言葉が通じないとなると、一番困るのは「食事」ですよね。
妹の所に行けば安心なんだけど、それまで…
特にパリにいる間、まともなものが食べられるかどうか不安です。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by ks-wishes | 2008-12-19 12:04 | フランス・イギリス旅行

<< 旅行から帰ってきました! タートルネック >>